利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、Vertech Consulting株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する「ギミジョブ」(以下を併せて「当サービス」といいます。)の利用に関する規則を定めるものです。本規則は、当サービスを利用する法人等(法人の種類を問いません。組合、団体等権利能力なき社団も含みます。)及び個人(以下併せて「お客さま」といいます。)に適用されるものとします。

第1条 本規約への同意

  1. お客さまは、本規約の定めに従って当サービスを利用しなければなりません。
  2. お客さまは、当サービスを実際に利用することによって本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。
  3. 未成年者が当サービスの利用を希望する場合には、法定代理人の同意が必要であり、同意がなければ利用できません。
  4. 当サービスにおいてガイドライン、個別利用契約等、本規約とは別に定め(以下「個別利用契約等」といいます。)がある場合、お客さまは、本規約のほか個別利用契約等の定めにも従って当サービスを利用しなければなりません。個別利用契約等において、本規約と異なる定めをした場合には、個別利用契約等の定めが本規約の定めに優先して適用されるものとします。
  5. お客さまが、当サービスをお客さまの顧客(以下「顧客」という。)に利用させる場合、顧客に対し、本規約の内容を遵守させるとともに、顧客の違反行為について、一切の責任を負うことに同意します。

第2条 規約の変更

  1. 当社は、あらかじめお客さまの承諾を得ることなく、いつでも本規約の内容を変更することができるものとします。
  2. 当社が本規約の内容を変更した場合には、速やかに、その変更内容をお客さまに通知するものとし、通知において指定された期日以降は、変更後の本規約が適用されます。なお、お客さまは、変更内容に異議がある場合、速やかに当社にご連絡をしなければならず、通知で指定された期日以後にお客さまが当サービスを利用した場合には、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

第3条 通知

  1. 当社は、当サービスに関連してお客さまに通知をする場合には、当サービスへの掲示または当サービスに登録されたお客さまの電子メールアドレス・住所に宛てて電子メール・文書を送信する方法など、当社が適当と判断する方法で実施します。お客さまは、当社から、電子メール等を受信することについて、予め承諾いたします。
  2. お客さまは、電子メールアドレス・住所・所在地等に変更があった場合、当社に対して速やかに通知しなければなりません。
  3. 当サービスに登録されたお客さまの電子メールアドレス宛にメールを配信した際に、メールが何らかの事情でエラーになった場合であっても、送信時に通知をしたものとみなされます。なお、当社は、エラーが出た場合、当該メールアドレスへのメールの配信を止めることができるものとします。
  4. メールの不受信、配信停止により、お客さまに損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。ただし、当社に重大な過失又は故意がある場合は除きます。

第4条 当サービス

  1. 当サービスは、お客様に実務経験型のプログラミング教育を提供するサービスです。当サービスではあくまでも教育コンテンツとして実際の案件を用いて教育を行いますが、転職や就職を保証することはできません。
  2. 当社は、当サービスの利用に際して、本規約に従うことを条件として、お客さまに非独占的な利用権を付与します。なお当サービスの画面上で「購入」、「販売」などの表示がされている場合であっても、当社はお客さまに対して当サービスに関する知的財産権その他の権利はお客さまに移転せず、契約の期間に限り、当社が認める方法における利用権が付与されるにすぎません。
  3. お客さまは当サービスを、当社の許諾なき限り、複製、翻訳、翻案、送信、転載、改変、販売、配布、再使用許諾、公衆送信(送信可能化を含みます。)、貸与、譲渡、リースその他当サービスが予定している利用様態を超えて利用することはできません。
  4. 当社は、お客さまが当サービスの利用に際して法令または本規約に違反し、あるいは違反するおそれがあると認めた場合、その他の業務上の必要がある場合、あらかじめお客さまに通知することなく、当サービスの利用を制限することができます。

第5条 登録情報

  1. お客さまは、当サービスの利用または有料プランを利用する際等、情報を登録する必要がある場合、真実、正確かつ完全な情報を提供するものとします(以下、情報を登録したお客さまのみを指す場合、「登録者」といいます。)。
  2. 登録者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに当サービス上で所定の登録情報変更手続きを行うことにより、届け出るものとします。登録情報の変更がなされなかったことにより生じた損害については、当社は一切の責任を負いません。

第6条 IDおよびパスワード

  1. 登録者はIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)の管理責任を負うものとし、当該IDおよびパスワードを第三者に知られるような態様で管理してはならないものとします。この義務を怠ったことにより登録者に損害が生じても当社は一切の責任を負いません。また、登録者が、故意または過失によりID等の管理を怠ったことにより損害が生じた場合、当社からお客さまに対して損害賠償請求することがあります。
  2. 登録者は、パスワードを第三者から推測されにくいものに設定し、また、その後も必要に応じて、パスワードを変更する義務があるものとします。これらの義務を怠ったことにより登録者に損害が生じても当社は一切の責任を負いません。
  3. 登録者はIDおよびパスワードの使用および管理に全責任を持つものとし、管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害について、当社は一切の責任を負いません。
  4. 登録者はIDおよびパスワードを当社が許可した第三者以外の者に利用させ、または、貸与、譲渡、売買、質入等を行うことはできないものとします。
  5. 当社は、当社の自由な判断によって、一定回数以上にわたりログインに失敗したなど、登録者のIDおよびパスワードに不正利用の可能性があると判断した場合は、当該IDおよびパスワードを利用停止できるものとします。その場合、登録者は当社が定める手続に従い、利用停止の解除を行うこととします。なお、当社がこのような措置をとったことにより、登録者がIDおよびパスワードを使用できず損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。

第7条 情報の利用

  1. 当社は、お客さまから提供された情報(お客さまのお名前、番地等まで具体化された所在地等その他特定するに足りる事項を除く。)を、当サービス内外を問わず利用すること(他のシステムへのデータ移行、提携ないし再委託する第三者への提供、他の利用者に対するサンプル提供、データ解析、統計解析のための官公庁への提供、メディアへの提供や公開、その他これに関連する事項)があります。
  2. 当社は、前項に加えて、弁護士、公認会計士、弁理士その他の職業上守秘義務を負う専門家に限り、必要な限り、法人情報を開示することがあります。

第8条 プライバシー

  1. 当社はお客さまのプライバシーを尊重し、お客さまのプライバシー情報および個人情報を、「プライバシーポリシー」に従って適切に取り扱います。
  2. 当サービスの提携先企業、委託先企業および広告主企業(以下併せて「提携企業」といいます。)では、当社とは別個のプライバシーポリシーを設けており、当社はこれらの規約および活動に対して、重大な過失又は故意により、お客さまに損害を与えない限り、賠償に応じることはありません。仮に、賠償に応じるとしても、有料プランのお客さまは過去2年間において当社に支払った合計金額を賠償の上限金額とします。

第9条 有料プラン

  1. お客さまは当サービスの中で利用料金、利用期間等の利用条件が別途定められた機能(以下「有料プラン」といいます。)を利用する場合、本規約に加えて遵守事項が加重される場合があります。
  2. 特約なき限り、有料プランの契約期間は、1か月単位の自動更新であり、契約期間満了の14日間前までに当社が別途定める書面または電磁的方法による継続停止手続きを行わない限り、さらに1か月自動的に延長されます。
  3. 利用の有無に関わらず、有料プランの契約期間中は当該利用料金をお支払いいただきます。
  4. 当社は、当社の定める方法によって有料プランの申込みを受付け、必要な審査・手続等を経た後に、当社所定の方法により利用を承認し、これをもって有料プランの契約が成立します。なお、当社は、有料プランの申込み後、当社単独の判断により、適宜利用資格の審査を行うことができるものとします。また、利用審査の際にお客さまに対して、情報提供のお願いを行う場合があります。
  5. 利用審査の結果、お客さまが以下の各号のいずれかに該当することが判明した場合、当該申込みを承認せず、または遡及して取り消し、利用資格を与えないことがあります(利用停止措置は、有料プランのみならず、当サービス全体に及ぶことがあります。)
    1. お客さまが存在しない場合
    2. お客さまが連絡先を有していない場合
    3. 有料プランの申込みをした時点で、本規約の違反等により利用停止措置を受けており、または過去に本規約の違反等で当社からの解約処分を受けたことがある場合
    4. 有料プランの申込みの登録事項において、虚偽の記載があった場合
    5. 有料プラン申込みをした時点で当サービスを含む当社の提供サービスの利用料金の支払を怠っている、または過去に支払を怠ったことがある場合
    6. お客さまが、本規約上の義務を果たせないおそれがある場合
    7. お客さまが、本規約に定める禁止事項に該当する行為を行ったことがある場合、または行うおそれがある場合
    8. お客さまが、未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、申込みの手続きが成年後見人によって行われておらず、または申込みの際に法定代理人の同意を得ていなかった場合
    9. お客さまが、暴力団、反政府組織、その他社会通念上反社会的組織であるかその構成員、および関係者である場合
    10. その他、当社の業務の遂行上、または技術上支障があると、当社が判断した場合
  6. 当社は、利用審査内容について、特段の事情がない限り、お客さまに開示することはありません。また、お客さまは、当社の判断に対して、異議を申し出ることはできないものとします。
  7. 前2項に定める有料プラン申込み受付、利用審査の手続は、当社の再委託先が実施することがあります。

第10条 お客さまによる当サービスの解約

  1. 登録者が有料プランを利用している場合、有料プランの契約期間満了前の終了または当サービスを解約したときには、理由のいかんを問わず、有料プランの契約期間満了までの利用料金をお支払いいただきます。
  2. 当社は、登録者が既に支払った金銭を理由を問わず一切返還することはありません。ただし、当社の重大な過失または故意により解約に至った場合は除きます。

第11条 当社による契約解除

  1. お客さまが、以下の各号の一つに該当する場合、当社は、お客さまに対して事前に通知することなく、お客さまとの間の契約を解除することができます。
    1. 本規約の条項に違反したとき
    2. 手形または小切手の不渡りが発生したとき
    3. 差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分または滞納処分の申し立てを受けたとき
    4. 破産、民事再生、会社更生または特別清算の申し立てがされたとき
    5. 前三号の他、お客さまの信用状態に重大な変化が生じたとき
    6. 解散または営業停止となったとき
    7. 営業方法等について行政当局による注意または勧告、もしくは行政処分を受けたとき
    8. お客さまが当社のコンピュータに保存されているデータを当社に無断で閲覧、変更もしくは破壊したとき、またはそのおそれがあると当社が判断したとき
    9. お客さまの当サービス利用態様が公序良俗に反しまたはお客さまにふさわしくないと当社が判断したとき
    10. 自らまたは第三者を利用して、以下のいずれかに該当する行為を行ったとき
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. その他、上記のいずれかに準ずる行為
  2. 当社は、前項各号にかかわらず、サービス利用の継続が困難と認めたときは、本規約に基づくお客さまとの間の契約を解除することができます。
  3. お客さまが有料プランを利用している場合、前2項の規定に基づき当社がお客さまとの間の契約を解除したときには、理由のいかんを問わず、有料プランの契約期間満了までの料金をお支払いいただきます。

第12条 サービスの変更・追加・廃止

  1. 当社は、理由の如何を問わず、お客さまに事前に通知することなく、当サービスの内容および提携するサービスの内容を変更、追加、一時停止することができるものとします。
  2. 当社は、お客さまに必要性、理由を通知の上、当サービスおよび提携するサービスの全部または一部を中止または廃止することができるものとします。ただし、当サービスの全部または一部を中止または廃止する緊急の必要性がある場合は、事前の通知を行うことなく、中止または廃止をすることができるものとします。
  3. サービスの一時停止や中止などがあった場合、当社に故意または重過失がある場合を除き、利用料金の返金は行いません。

第13条 契約終了時の取扱い

登録者による当サービスの解約、当社による契約解除、当サービスの廃止等その終了原因を問わず、お客さまと当社との間の当サービス利用契約が終了した場合、お客さまは、当社で利用していたお客さまのアカウントに関する一切の権利、特典を失うものとし、これによりお客さまに損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。

第14条 知的財産権

当サービスに関する知的財産権は当社および正当な権利者たる第三者に帰属し、本利用契約によってお客さまに権利が移転することはなく、契約期間に限り、お客さまに対し利用権が付与されます。

第15条 権利義務の譲渡禁止

お客さまは、当社による事前の承諾なしに、本規約に基づく一切の権利または義務について、第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。

第16条 提携及び委託

当社は、当サービスに関する業務の一部またはすべてを第三者に委託することが出来るものとします。また、当社は、当サービスの実施に関し、第三者と資本及び人的物的資源(情報を含みます。)を持って提携することが出来るものとします。

第17条 禁止行為

  1. お客さまは、当サービスの利用に当たり、以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. 他人の著作権を侵害する行為
    2. 他人のプライバシーを侵害する行為
    3. 他人の名誉・信用等を侵害する行為
    4. 犯罪的行為または犯罪的行為に結びつく行為
    5. 事実に反する情報を提供する行為(他人に成りすます行為も当然含みます。)
    6. 当サービスの運営を妨げたり、信用を傷つけたりする行為
    7. 当社がお客さままたはお客さまのサービスに推奨を与えるまたは後援していると、当社に無断で、第三者に表明・示唆する行為(一括送信時の問い合わせ先を当社にする行為等を含みます。)
    8. 当社または第三者に対する迷惑行為(同意のない相手方または同意する可能性が低い相手に対する大量の一括送信行為等も当然含みます。)
    9. 当サービスの管理するサーバーに対して、コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを配信する行為
    10. IDやパスワードを不正に使用する行為
    11. 当社に虚偽の申告をする行為
    12. その他、法令に違反する行為または法令に違反するおそれのある行為
    13. その他、当社が不適切であると判断する行為
  2. お客さまにより、前項各号に該当する行為がなされた場合、当社は、当該お客さまに対して、当サービスの利用の停止その他当社が適切と判断する措置(以下、「利用停止措置等」といいます。)をとることができるものとします。なお、利用停止措置等は、当社の判断に基づき行うことができるものとし、当社は、利用停止措置等を行った理由について、開示する義務を負いません。また、利用停止措置等に起因して生じた損害について、当社は、一切の責任を負いません。
  3. 当社は、前項の場合において、利用停止措置等の原因となるお客さまの行為によって当社が被った合理的な損害(弁護士費用を含むがこれに限られない。)について賠償請求することができます。

第18条 免責

  1. お客さまは、お客さまご自身の責任において当サービスをご利用いただくものとします。当社は、当サービスを利用して、お客さまが顧客に対して行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うことはありません。すなわち、当サービスを通じて、お客さまが提供する情報については、すべてお客さまの責任のもとで発信されるものとし、その完全性、正確性、確実性、有効性、安全性等につき、当社は一切の責任を負いません。また、当社が提供するサービス(提携会社を通じたサービス、リンクされているサイトのサービスを含む。)により、お客さまに生じた損害、お客さま同士のトラブルその他の事項に対して当社は責任を負わず一切の責任を行いません。
  2. 当社は、当サービスまたは当サービスが提携するサービスの仕様等を変更することが出来るものとします。当社は、これに伴う損害が発生した場合でも、一切の責任を負いません。
  3. お客さまは、当サービスまたは当サービスが提携するサービスにおいて、下記の事情により一定期間、利用が停止される場合があることをあらかじめ承諾し、当サービスまたは当サービスが提携するサービスの停止による損害の補償等を当社に請求しないこととします。
    1. 当サービスまたは当サービスが提携するサービスのサーバー、ソフトウェア等の点検、修理、補修等のための停止
    2. コンピュータ、通信回線等の事故による停止
    3. その他、やむをえない事情による停止
  4. 本規約に定める免責条項が適用されない等の理由により、当社がお客さままたは第三者に対して責任を負うべき場合、当社に故意または重過失がある場合を除き、それらの責任に基づく損害賠償額は、その件数を問わず、いかなる場合でも、有料プランのお客さまの場合は当社に支払った料金の過去2年分を上限額とします。
  5. お客さまが当サービスを利用することにより当社が損害を負った場合は、お客さまは当該損害(合理的な金額の弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。

第19条 暴力団等の反社会的勢力の排除

  1. お客さまは、当サービスの利用に際して、自身が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」という。)に所属または該当せず、かつ、暴力団等反社会的勢力と関与していないことを表明し、将来にわたっても所属もしくは該当、または関与しないことを確約するものとします。
  2. 当社は、お客さまが暴力団等反社会的勢力に所属もしくは該当する、または関与していると判断した場合、事前に通知等を行うことなく、利用サービスの使用停止、解約の措置を講じることがあります。
  3. 当社は本条に基づくお客さまの違反による使用停止ならびに解約によって生じた損害について一切の義務および責任を負わないものとします。ただし、当社が被った損害についての賠償請求を妨げるものではありません。

第20条 準拠法、管轄裁判所

本契約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関して訴訟の必要が生じた場合には、訴額に応じ、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条 分離解釈

 本契約の各条項の有効性は、条項毎に分離して解釈するものとします。